HOME>人気記事>聴神経腫瘍や下肢静脈瘤は外科治療で改善が可能!

病気の症状を知ることが大切

聴神経腫瘍や下肢静脈瘤といった病気や不調の原因を特定するためにも、まずはその症状を知ることが重要になります。症状がわかっているとその症状から病気や原因を特定する手助けになるからです。そのためにもお医者さんを受診するときは症状を的確に伝えることが大切です。

聴神経腫瘍や下肢静脈瘤は外科治療で改善が可能!

聴診器

手術で治療が可能

聴神経腫瘍とは聴覚を司る神経に腫瘍ができてしまい、症状が悪化すると聴力を失うことがある危険を伴います。腫瘍が見つかった場合、その大きさに応じて治療法が変わってきます。腫瘍が小さい時は手術の必要はありませんが、ある程度の大きさの場合手術にて腫瘍を摘出します。また、下肢静脈瘤とは足の血管がこぶ状になる病気のことであり、女性に多く見られますので早めの発見、治療が重要なポイントになってきます。下肢静脈瘤の治療法は、手術や保存など症状に応じて適切な治療法を受けることになるでしょう。

病院を選ぶ際のポイント

医師

得意分野や実績で選ぶ

病院やクリニックによって得意分野が異なります。病名が確定しているときは、その病気の治療を得意としている病院やクリニックを選ぶようにしましょう。治療に関しての経験が豊富ですので、症状に応じた適切な治療を受けられるでしょう。

口コミをチェックしてみる

口コミで評価するのも手段のひとつです。知人や知り合いでその病院で診てもらったことがある方がいれば、対応や治療について話を聞いてみましょう。またインターネットの口コミサイトからも、病院の対応や治療法について情報を収集できます。

アクセスのしやすさで選ぶ

病気や不調によっては何度か通院して治療を受ける必要があります。定期的に通院することで、治療がスムーズにすすみ早い回復が期待できるようになります。そのため通いやすさ、交通の便の良さも病院を決める時のポイントになってくるでしょう。浦安には夜間診療の病院も多くありますので、仕事をしながらでも通院治療が行えます。

広告募集中