HOME>体験談>下肢静脈瘤の症状は知っておこう〜早期改善が望める方法〜

下肢静脈瘤の症状は知っておこう〜早期改善が望める方法〜

医療

あまり知られていない足の病気に下肢静脈瘤というものがあり、大きな支障を及ぼすわけではないのですが見た目で気になってしまうでしょう。症状も人によって異なりますが、放置したらどうなるのかなど記載しているのでチェックしておくと良いです。

クチコミ

皮膚が黒ずんできたので病院に行きました

以前から足元の血管が膨らんでいるように感じていたのですが、そこまで気にならなかったので放置していたところ、突然に皮膚が黒ずんできたので驚きました。どうやら自分は下肢静脈瘤を患っていて、血流の乱れなども原因になって皮膚が黒ずんでしまったようです。このままでは皮膚が更に黒くなってしまう可能性もあると聞いて、下肢静脈瘤のレーザー治療を受けてみたところ、あっという間に血管の膨らみが消えて驚いています。皮膚の黒ずみが元通りの色合いになるまでは、少しばかり時間が必要になったのですが、仕上がりの良さには満足する事ができました。治療を終えた後には痛みが残るような事もなくて、最新のレーザー治療の技術力の高さにびっくりしました。
【40代 女性】

足がボコボコに!

激しい運動を行っているアスリートは、足の血管が太くなってしまう事があるのは知っていましたが、まさか自分も同じように足の血管が太くなるとは考えていませんでした。自分は激しい運動も行っていないのに、どうして足の血管が太くなるのかと不思議とに考えて、病院で検査を受けた際に知ったのが下肢静脈瘤という病名です。そんな病気があったのかと驚かされると同時に、下肢静脈瘤の治療を得意としている医療機関であれば、すぐに足が元通りになると分かって安心した事を覚えています。実際に足の治療を始めてみたところ、血管を目立たなくするために足に傷を付けるような事もなくて、皮膚は綺麗なままだったので安心しました。傷口が塞がるまでの期間も短くて、医療技術の凄さに驚かされるばかりです。
【40代 女性】

広告募集中