身体の不調があれば内科を受診しよう

身体に何かしらの不調があらわれて、なかなか改善しないようなときは内科を受診してみましょう。内科は風邪症状だけでなく、だるさや肩こり、花粉症といったさまざまな不調対応してもらえるからです。不調をそのままにしておくとさらに症状が悪化することもあり、治療することになっても時間がかかってしまうだけでなく、場合によっては改善が難しくなります。両国週辺には内科も多く見つかりますから、診てもらいましょう。

内科で診てもらえる症状

医療

発熱や咳など風邪の症状

風邪の諸症状が現れたときは、内科を受診する方がほとんどです。風邪の主な症状といえば発熱、咳、鼻水、くしゃみ、たんなどです。これらの症状がひとつだけでも、複数重ねて現れた時でも風邪を疑います。風邪の場合しばらく経つと自然に治ることもありますが、早めに診てもらうことで症状悪化を防ぎ、早く治せることにつながります。

腹痛や下痢、便秘などお腹や腸のトラブル

お腹に関するトラブルも内科にて診てもらえます。腹痛もそのひとつですが、腹痛と一口に言ってもその原因はさまざまですので、症状緩和のためには原因特定が重要なポイントになってきます。また下痢や便秘に悩む方も多く、内科を受診することで適切な治療が受けられるようになります。

花粉症の治療も受けられる

毎年春になると患者数が増える花粉症も、内科で対応してもらえます。花粉症は年々患者数が増加していますので、その時期はかなり患者さんで混み合うこともあります。内科でもアレルギー科を掲げているクリニックもあり、そこで花粉症の治療が受けられるのです。

頭痛などのトラブルにも対応

頭痛やめまい、けいれんといった症状は脳のトラブルや疾患と関連の深い症状も、内科にて診てもらえます。検査を通じて不調の原因を調べて適切な治療を施します。慢性的に頭痛や偏頭痛を抱えている方も多く、薬による治療など適切な治療が受けられるようになっています。

ちょっとした不調サインも見逃さない!内科で健康をキープ

医師

早期治療が早期回復に繋がる

不調は自然に治癒することもありますが、なかなか症状が改善されないこともあります。不調を引き起こしている原因はさまざまですが、中には何かしらの病気が隠れていてそれが不調の原因となっていることがあるのです。不調をそのまま放っておくとどんどん症状が悪化する危険性があります。症状が進んだ段階で病気が見つかったときは、最悪の場合治療ができないこともありますし、治療ができたとしても回復まで時間がかかることが多いのです。早期発見することが早期回復につながるので早めの受診が肝心です。

カウンセリング

リウマチの症状と治療法

いろんな病気があるなかで、リウマチとは関節部分に炎症が起こる症状が特徴的であり、関節リウマチとも呼ばれます。炎症が悪化すると軟骨や骨が破壊されてしまって、関節の機能が次第に失われてきてしまいます。腫れの影響により激しい痛みを伴いますし他にも発熱や疲れやすさ、食欲不振などの全身症状がみられることがあります。最悪の場合関節破壊が起こることがありますので、早期発見早期治療が重要になってくるのです。主な治療法は薬物や手術、リハビリなどです。

[PR]
更年期障害の症状をセルフチェック☆
確認すべき項目を紹介中

広告募集中